×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウインザー公で有名なウインザーノット

ウインザーノットは、英国王エドワード八世でもあるウインザー公が、広めたとされるネクタイの結び方といわれているみたいです。
このウインザーノットの特徴は、結び目の三角を大きく見せることができるボリュームがでる結び方になります。

ウインザーノットは、ネクタイの結び目を左右に均等にしめるのがボリュームのあるノットにするこつでもあります。
またウインザーノットより、少し小さめな形になるセミウインザーノットもあります。

このセミウインザーノットは、ちょうどよい三角ができて、別名でハーフウィンザーノットとも呼ばれています。
ウインザーノットは左右に三角の結び目を作るのに先端を通しますが、セミウインザーノットは、左右の2回ではなく1回にした結び方になります。
セミウインザーノットは、ウインザーノットより結び目を小さくしたいときや、ネクタイが細いタイプの場合に細いネクタイをあまり強調したくないときに良いネクタイの結び方だと思います。
ウインザーノットとセミウインザーノットは特に、ネクタイが細いタイプにあう結び方とされています。

スポンサード リンク


 

ネクタイ豆知識
ネクタイには85通りもの結び方がある?
基本の結び方
一般的なネクタイの結び方
ウインザー公で有名なウインザーノット
応用した結び方
スモールノットとダブルノット

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

社会人のネクタイの結び方情報 トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加