×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本サイトについて

ネクタイには、さまざまな結び方がありますね。
一般的に普段私たちが仕事にいくときなどにしていくネクタイの結び方でもいろいろと体系やネクタイのデザインによって
応用したネクタイの締め方もあります。
このサイトでは基本的なネクタイの結び方から少し応用した結び方などから、ネクタイの歴史やちょっとした豆知識を紹介します。



 

ネクタイの気になる歴史

今はビジネスマンにとって必須となったネクタイは、歴史は大変古く、2世紀頃のローマ帝国から続いていると言われています。

そして初期のネクタイは、防寒を兼ねて、羊毛の布を首の回りに巻いていた今のマフラーのような感じで、ネクタイは使われていたみたいです。
またネクタイの語源は、はっきりとまだ解明されていないみたいですが、17世紀に、ルイ13世を守るために訪れた、クロアチア兵をクラバットといって彼らが防寒を兼ねて巻いていたものが、今現代に伝わるネクタイに近いといわれています。

それから19世紀後半に、イギリスでこのクラバットの結び目のみを残したものが作られたみたいです。 これが蝶ネクタイとされていて、この時期から正装時ネクタイをするものということから、今のネクタイに変化したみたいです。
そして日本にネクタイが入ってきたのは、明治時代と言われています。この明治時代にジョン万次郎が米国へ行った際にネクタイを持ち帰ったことから、官僚を中心にしてネクタイ着用が広まって、今にいたるみたいです。

ネクタイ豆知識
ネクタイには85通りもの結び方がある?
基本の結び方
一般的なネクタイの結び方
ウインザー公で有名なウインザーノット
応用した結び方
スモールノットとダブルノット

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。

・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

【プライバシーポリシー】
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加