×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

一般的なネクタイの結び方

ネクタイの結び方は、いろいろとあり基本となるものから、応用をきかせた結び方などがあります。
ネクタイの結びの部分を「ノット」(knot)と呼びます。そしてこのノットがいろいろとあります。

ビジネスマンが普段している、一般的なネクタイの結び方は、シンプルノットと呼びます。またプレーンノットとも呼ばれています。
そしてこのシンプルノットが一番簡単なネクタイの結び方になるといわれていて、基本の結び方でもあります。

このシンプルノットの特徴は簡単に結べるのはもちろんですが、簡単にネクタイをほどくこともできます。そしてシンプルノットから応用した結び方もできます。
シンプルノットの応用としては、結び目がうまくできない方などは、先に結び目を作ってしまい、結び目を作ってから首に通すやり方もあります。
これは、結び目も綺麗にできますし、ネクタイを結ぶのが苦手な方におすすめです。

このシンプルノットは、結びが1回だけになることから、太い目の長さがあまりないネクタイに適しています。
またネクタイをはじめてする人にとっては、基本の結び方になるので、これだけでも十分だと思います。

スポンサード リンク


 

ネクタイ豆知識
ネクタイには85通りもの結び方がある?
基本の結び方
一般的なネクタイの結び方
ウインザー公で有名なウインザーノット
応用した結び方
スモールノットとダブルノット

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

社会人のネクタイの結び方情報 トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加